歓喜の歌

" data-en-clipboard="true"> Wilco『Ode To Joy』 " data-en-clipboard="true"> 『Ode To Joy』制作にあたり、バンドのフロントマンであるジェフ・トゥイーディはリズムマシンを使ってドラム・トラックを打ち込み、そのうえでドラマーのグレン・コッチにこ…

2021年のサム・ゲンデル

0 まえがき 1 Sam Gendel, Ethan Braun『Rio Nilo 66』 2 Vampire Weekend「2021 (in the space between two pieces of wood)」 3 Sam Gendel『Fresh Bread』 4 Pino Palladiono, Blake Mills『Notes With Attachments』 5 Mia Doi Todd「Take Me To T…

即興と編集

" data-en-clipboard="true"> 先日『イン・ア・サイレント・ウェイ』コンプリート・セッションの「Shhh/Peaceful」を聴いていてスタジオ盤との大きな違いに気が付いた。同曲はセッションで演奏されていた際には、明確なテーマ部を持っているということである…

ミッチェル・フルーム Mitchell Froom ④ 若きチカーノの栄光と死 ―Los Lobos 「La Bamba」—

目次 目次 0.これまでのあらすじ 1.87年、リッチー・ヴァレンス伝記映画の公開 2.チカーノとしてのアイデンティティを追求したロス・ロボス 3.リッチー・ヴァレンスの生涯と功績 4.ロス・ロボスとミッチェル・フルーム、その出会いとは? 5.過去…

ミッチェル・フルーム Mitchell Froom ③ 盟友チャド・ブレイクとの出会い ーデル・フエゴスおよびリチャード・トンプソンー

前2回はこちら ここまでサポート・ミュージシャンとしての活動、ソロ・アルバム、そしてクラウデッド・ハウスのプロデュース…とフルームの歩みを追ってきたが、彼の不可分のパートナーとして、また、この30年余においてもっともユニークなエンジニアの一人…

ミッチェル・フルーム Mitchell Froom ② 『キー・オブ・クール』(1982)

特に見通しも立てずに続けているミッチェル・フルーム特集第2回は、彼の84年発表のファースト・ソロ作品、『キー・オブ・クール』(The Key Of Cool)を取り上げる。 ”デビュー作にはその作家のすべてが現れる”というのはよくいわれる話だが、では、ミッチェ…

ミッチェル・フルーム Mitchell Froom ① Crowded House ‘Don’t Dream It’s Over’(1986)

※プロデューサー、ミッチェル・フルームの歩みを自分の整理がてらまとめた記事です。続く予定。 ‘Don’t Dream It’s Over’は86年発表、バンドのデビュー・アルバム『クラウデッド・ハウス』に収録された一曲。深いリヴァーブのなかで、クリーンかつブライトな…

「シティポップ論文」ざっくり書評

1.論文 2.筆者について 3.歴史的整理 80年代以前 「シティ・ミュージック」 80年代 「シティ・ポップ」 00年代 「シティ・ポップ・リバイバル」 テン年代 新しい「シティ・ポップ」 4.結論 5.重要概念 間メディア性 6.感想・個人的に面白かった…

1977年の革命と『Off The Wall』の波及

1 978年のマイケル・ジャクソンは次の手を模索していたという。ジャクソン5の栄光を経て72年から75年にかけて良質なソロアルバムを出したものの、時代は変化しつつあった。たとえば、Pファンク軍団やザップなどをはじめとするファンクの流行。EW&Fの天文学的…

悪の所在

Netflixオリジナル・ドキュメンタリー「ドラッグ・ビジネス」 (原題:'Business of Drugs') バナナやコーヒーと同じように、コカインもまた世界的なサプライチェーンを形成している。コロンビアで生産・錬成されたコカインはメキシコを通ってアメリカに入…